競馬予想をする上で過去のレースをチェックすることの重要性

競馬予想においては、出走する馬が過去に出走したレースをチェックすることにより、その馬の現在の強さや状態面などを推測するといった行為が重要になってきます。競馬予想 ランキングもしっかりチェックして競馬予想することが大切です。またその時にはその過去に出走したレースが今後の参考になるレースなのか、あまり参考にはならないレースなのかも同時に分析する必要もあります。

先日行われた毎日王冠などは、競馬予想においてはあまり参考にならないレースの一例だと言えます。元々毎日王冠は、天皇賞を占う意味でも最も重要な前哨戦であり、出走するメンバーもほとんど本番と変わらないような馬が出走してきます。それもあってか、天皇賞の競馬予想においては、例年は一番参考になるレースだったのですが、今年は少し違っていました。一番人気のエイシンヒカリが、大外枠だったにも関わらず抜群のスタートダッシュで先頭に立ち、そのまま逃げ切るというレースでした。このレースが今後の予想の参考にならないと言った原因は、他の馬が無理をせずエイシンヒカリに絡んでこなかった為に、楽に逃げることができたからです。それもあり、エイシンヒカリに乗っていた武騎手も、レース後は快勝だったにも関わらずそれほど笑顔もなく、コメントも次走は厳しいかもいう勝った馬とは思えないようなコメントでした。

武騎手的には、次走を考えて厳しい競馬をしたかったのに、それができなかったことが不満だったのですかね。本番で絡んでこられた時にどのようなレースができるのかという、馬の本当の能力が分からないまま本番を迎えることになったので、天皇賞での予想が難しくなりました。単純に馬だけを見れば、9戦8勝でしかも連勝中の馬なので、本番では間違いなく一番人気になる馬だとは思いますが、このレースを見ていた人なら、危険な一番人気馬だと感じる人も多いでしょう。

このように過去のレースを見ていると、競馬予想をする上で競馬新聞などを見ているだけでは見ることができない、たくさんのものを見ることができます。こういったことも、予想する上での参考にしていくといいでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ